一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

背中のニキビは見えにくいから、逆にとても気になります。 人に見られたくないから自分で出来るニキビケア、プラクネならニキビのケアと黒ずみケアの両方行う、つるつるすべすべになる有効成分を配合してます。

 

定期コース・180日間返金保証
いまなら初回分驚きの最安値(2回目以降もお得)

 

⇒ プラクネもっと詳しく公式サイトで

 

 

ニキビの出来る原因は、過剰な皮脂の分泌と肌の乾燥です
皮脂のが多く分泌されると「毛穴の目つまり」を起こします。そして肌の乾燥は「肌バリア」を弱くするので、異物や雑菌を寄せ付けてしまう結果になってしまいます。

 

この皮脂分泌と乾燥肌のスパイラルがニキビ原因で、主な原因は不規則な生活や食生活、シャンプーの落とし残しが原因と言われてます。

 

プラクネは独自の「トリプルセパレート方式ケア」なら、ニキビの負のスパイラルに終止符を、デコボコや黒ずみなどニキビ跡にも効果的です。 足度95.1%


フリーアナウンサー徳山沙季さんも愛用

学生時代水泳の時間に自分の背中にニキビが有る事を知らされショック…
大人になっても治らなくて、背中が広く開いた洋服が買えなかったそうです。

 

女性週刊誌やファッション雑誌でも広く紹介されている「プラクネ」が有れば自分でニキビケアができます。


定期コース・180日間返金保証
いまなら初回分驚きの最安値(2回目以降もお得)

 

⇒ プラクネもっと詳しく公式サイトで

 

 

 

 

 

 

黒ニキビとは?
皮脂(ひし)の分泌量が多い額(おでこ)や鼻(Tゾーン)の手穴にできやすいニキビです。 ニキビ一つ一つが目立って見えるのではなく、毛穴ひとつひとつに小さくできて、全体は「イチゴ」の様に見えてしまいます。

 

いわゆるニキビの様な出っ張りも無く、痛みも無いのですが、立派なニキビなので、毎日の洗顔でではなく、ニキビケアしましょう

 

⇒ ニキビやニキビ跡をしっかりケア

 

 

そして黒ニキビの原因は
毛穴に古くなった角質がいつまでも溜まって、空気に触れた部分が酸化して黒くなった為に、毛穴一個一個が黒く見えてしまいします。

 

黒ニキビは、ニキビ2段階目の症状なので油断は禁物です。

 

※ニキビは「白」「黒」「赤」「黄」「紫」と症状が悪い状態を表し、直った後の症状も悪くなります。出来るだけ、白ニキビや黒ニキビの時に治しておきたいです。


黒ずみとは?
ニキビが出来る時は、毛穴に皮脂が詰まった状態から始まり、肌バリアが弱ってきて混入した異物が毛穴のに詰まった皮脂に付着してニキビとなります。

 

そう言った肌が弱ってる時に、紫外線から皮膚を守るために「メラニン」分泌されててりすると、出来たニキビの中に排出されなかったメラニン色素(日焼けした肌)が残ってしまい、ニキビが直ったあとも、黒ずんで残ってしまった常態です。

 

黒ずみを治すためには、肌のターンオーバー(新陳代謝)を活発化させて、色の付いた肌をしたから上に押し上げ、排除すれば良いのです。

 

⇒ 代謝を促進。黒ずみ肌に効果あり

 

 

 

 

 

 

ニキビの間違った洗顔や治療を続けても症状は一向に改善されません。それどころか肌の症状を悪化させてしまってるのです。


ニキビの原因はって
.縫ビ原因は、多く分泌された皮脂に有ります。
∧泌された皮脂は毛穴に溜まりやすくなります。
その皮脂が酸化する事で角質が詰まり(黒ニキビ化)
い修海縫縫ビ菌が感染すると、毛穴が化膿してニキビになります。


そしてニキビによって肌が弱くなる事で「ニキビ負のスパイラル」に陥ります。

 

間違った治療として一番多いいのは
古い角質がニキビ原因だから、古い角質を取るために洗顔を頑張る
ニキビ菌を寄せ付けないために、殺菌すればいい

などです。

 

ニキビサイクルによって肌が一度弱くなってしまうと、肌バリア弱まってるので、殺菌しても多少の異物で皮膚は反応しやすくなり、皮脂が溜まってなくても化膿しやすくニキビになりやすいのです。

 

この様に、「ニキビができやすい肌」になってしまうと、どんなに頑張っても「新しいニキビができる」を繰り返し。

 

じつはニキビ菌(P.acnes)と呼ばれてる菌は

誰にでも存在している皮膚常在菌で、無理に殺菌しなくてはならないものではなく、悪いのは反応してしまう「弱い肌」なのです。

ニキビになりにくい強い肌を手に入れて、本当のニキビ知らずになりませんか?

 

 

⇒ ニキビの原因を正しくケアや詳しくはこちらから

 

 

 

 

 

普段は目につきにくい背中ですが、ニキビができてしまうと、ざらつきが気になったり

 

背中にニキビがある事に気づいたら
肌(背中)を必要以上に触れたり掻くなど刺激を与えない、そして背中を洗う時は石鹸をしっかりと泡立てて擦りすぎない様に洗う。 洗った後はしっかりと石鹸を流す。

そして衣服は綿のインナーを選ぶと背中の刺激が少なくて済みます。黒ずみ予防の為に出来るだけ紫外線を避ける事も大切です。

 

⇒ 黒ずみ対処はとニキビケアをもっと詳しく

 

背中ニキビや黒ずみ4つの原因


・過剰な皮脂分泌
皮脂の分泌はニキビ発症原因です。そして背中は皮脂の分泌量が多い場所の為、ニキビ体質の人は、背中にニキビができやすくなってしまいます。


・摩擦などによる肌への負担
入浴時に体を強く擦ってしまう事が主な原因ですが、下着が合わないと「群れてしまい掻いてしまう」「こ擦れてしまう」などあります。

 

背中を擦りすぎると肌に負担が掛り角質(皮膚の表面)が分厚くなって行き、毛穴に皮脂が詰まりやすくなって行きます。

 

・シャンプーなどのすすぎ残し
入浴時のシャンプーやボディー洗いの石鹸をしっかりと流さないと、毛穴に残ってしまい蓄積して行き、皮脂が詰まった時と同じでニキビ原因になります。


・背中ニキビ+紫外線
背中にニキビが出来て肌が不安定な時に、紫外線によって肌がメラニン分泌したら、メラニン色素(焼けた肌)がニキビが出来たせいで上手く排泄されず「黒ずみ」となって皮膚の奥の残ります。

 

⇒ ニキビの原因を正しくケアや詳しくはこちらからく

 

 

 

 

 

 

 

 

フリーアナウンサーの徳山さきさんも悩んでたそうです。
学生時代にクラスメイトに言われた事で、初めて自分の背中にニキビが出来てる事を知った徳山さんはショックで隠してたそうです。

かわいい洋服を見つけても「背中が広く開いてる」と買う事が出来なかったそうです。

 

そんな徳山さんも今や褒められ女子!!背中ニキビもプラクネのお陰でどんどんキレイな肌になってたそうです。

 

そんなプラクネ定期コースは、なんと180日間返金保証付きです。
初回は驚きの安値73%OFFです。(その他特典も♪)

 

⇒ プラクネ最新情報は、こちらの公式ページから

 


プラクネは独自のトリプルセパレートケア
.淵硫修靴栃子を小さくすることで、有効成分である「ヒアルロン酸」や「コラーゲン」を水分と一緒に肌の奥底に届ける事が出来ます。

潤いを保乾燥を防ぎます。

 

▲劵▲襯蹈鷸世裡嫁椶諒歇称呂有ると言われてる「スーパーヒアルロン酸」を肌表面に留まり潤いを維持また基本保湿を追求した2種類の「セラミド」と「コラーゲン」が肌に潤いや弾力を与える働きをします。

 

H表面に「潤いの膜」を作る事で、肌表面にバリア効果が有ります。

痛んだ肌を強くして、異物侵入を防ぐことで肌を守っていきます。

 

人気女性週刊誌やファッション雑誌などでも紹介されてるプラクネ

 

定期コースは、安心の180日間返金保証付きです。
初回は驚きの安値73%OFF (その他特典も♪)

 

⇒ プラクネ最新情報 こちらの公式ページから

 

 

 

 

 

 

ニキビと言えば顔ですが、それ以外にも背中のニキビを気にしている人って意外に多いですねぇ。

 

そんな気になる背中などのニキビや黒ずみを解消してくれるのがプラクネ。

背中のニキビって気付くとできていることが多く、水着や背中の空いた服が着れないとお悩みの人も多いですが、このニキビの原因って何か知っていますか?

 

ズバリ!

『皮脂』や『乾燥』なんです。

人間には皮脂が分泌されていますが、実は部位によって皮脂量が違って、顔の次に多いのが背中なのです。

だから、毛穴が詰まってアクネ菌が増殖してしまうのでニキビができやすいんですね。

 

目に見えやすい場所ならすぐわかるけど、背中は見えにくいので、気づいたら増えていたり悪化していることがあります。


また、もうひとつは乾燥です。

脂っぽい=ニキビができやすいと思っている人もいるかもしれませんが、角質がかたくなると皮脂が詰まりやすくなり、ニキビができやすくなってしまうのです。

 

そして乾燥すると皮脂の過剰分泌が起こるので、脂っぽいと感じている人も原因をたどると乾燥の場合があります。


あと、忘れてはいけないのが洗い残しなんだよね。

シャンプーやリンスなどを流した時に前は見えるけど、後ろは見えないので洗い残しがある場合もあるので、しっかり洗い落すことが大切です。

肌質だけでなく、ニキビになる可能性は誰でもあるということ。

 

洗い残しは改善できますが、乾燥やニキビを作らないケアはプラクネがオススメです。

 

⇒ プラクネの限定キャンペーンはこちら

 

 

 

 

 

 

 

1